Shopping Cart

吸音材、防音材、遮音材の区別と防音対策!

生活に色な騒音

住宅に関するトラブルの多くは、騒音問題だといわれています。マンションのような集合住宅だけでなく、密集した戸建て住宅にも、騒音の問題は起こりえます。
しかし、防音の商品は様々あるですが、どこから手をつければいいか迷うことも多いと思います。そこで、ここでは防音に関する種類や具体的な対策などを紹介します。この記事を参考に、防音対策をする場所を見極め、適切な処置を施してください。

吸音材、防音材、遮音材が同じ防音用品で何か違い?

吸音材とは

空気中に伝わる音波の振動を熱エネルギーに変換させる事で音を減衰させる素材の事で、室内の不快な反響音を軽減させたり、残響時間を調整するのに効果を発揮する、防音対策に欠かせない音を吸音する材料の事です。

防音材とは

そもそも「防音」という言葉は部屋や建物の外から音が入ってきたり、逆に室内から部屋の外に音が漏れたりすることを防ぐという意味があり、この言葉はとても抽象的なのです。具体的にその防音の方法として他の二つである。吸音や遮音という方法がとられるのです。 つまり、防音材には吸音素材と遮音材があるということです。

遮音材とは

では具体的な遮音材についてですが、遮音材は先ほど述べたように防音の方法の一つであり、空気中や個体の中を音が伝わらないように遮断するというものです。

まとめとしては住宅の防音対策は室内の生活音を外に漏らさない吸音と外からの騒音を防音すると2種類である

今すぐできる防音対策をご紹介します。

室内の生活音を外に漏らさない吸音対策

住宅の防音対策の一つに、室内の音を 室内の不快な反響音を軽減させたり 、外へ音が透過しないようにすることを指します。吸音対策としては、室内の壁や間仕切りに、音による振動を伝えない素材を使うという方法があります。

吸音に優れている素材として、吸音ボードなどがよく使用されます。また、窓を二重ガラスにしたり、厚手のカーテンのような吸音素材を使用することで、吸音効果を高めることができます。

室内の生活音の遮音対策のために検討すべきこと

吸音材 床・壁・天井を二重構造にする
床・壁・天井を二重構造にする

遮音対策として、床・壁・天井を二重構造にする方法があります。
床の二重構造とは、コンクリートに直接床を張らずに空間を作り、そこに床板などを張るという構造です。これにより、床下への音や振動の伝播が減り、遮音性が高まります。また、床下に給排水管や電気配線を設置するなど、設備配管類のメンテナンスや交換が容易になるメリットもあります。
壁の二重構造とは、鉄筋コンクリート造の壁の内側に石膏ボードなどを張り、その表面に内装用のクロスを貼るという構造です。これにより、話し声やTVの音などの空気伝搬する生活音への遮断効果が高まります。
天井の二重構造とは、上階の床に直接天井材を張らずに、ボルトなどで吊った板材を天井とする構造です。これにより、上階への遮音効果が高まります。また、換気用ダクトを二重天井の間に設置することができるため、スッキリした見た目になるというメリットもあります。

吸音材 仕切りの下地に防音材を埋め込む写真
仕切りの下地に防音材を埋め込む

防音対策として、仕切りの下地に防音材を埋め込むという方法があります。例えば壁の場合、「遮音シート」や「遮音パネル」などを仕切りの下地に埋め込むという遮音対策があります。これにより、生活音を遮断するだけでなく、断熱効果も期待でき、結露対策にもなります。
また、さらに吸音素材を埋め込むことでより防音性が高まります。吸音とは、部屋で発生した音を吸収して、音の反射を防ぐことです。グラスウールやロックウールなどの吸音性能の高い素材を下地に埋め込むことで、より防音効果が高まります。

吸音材 床. 壁や天井に吸音材で内装する
床. 壁や天井に吸音ボードで内装する

防音対策として、 床. 壁や天井に 吸音ボード で内装する 方法があります。例えば壁の場合、「吸音ボード」や「防音パネル」などを飾りという防音対策があります。これにより、生活音を遮断するだけでなく、断熱、不燃、耐久性、安全性が高いし、光熱費も節約ができる対策にもなります。
また、 吸音ボード を飾ったら室内に一度内装したように、防音性も高くになり。そして、直貼るだけで防音ができます。

室内の生活音の遮音対策のために検討すべきこと-吸音材
排水管に防音材を巻いたり、配管スペースの遮音対策をしたりする

排水管に防音材を巻くことも、防音対策になります。上階の排水管の流水音などを軽減させるのに効果的なのは、「遮音シート」を排水管に巻くことです。鉛が埋め込まれた質量の重いシートを排水管に巻くことで、音が外部に漏れにくくなります。
また、配管スペースの遮音対策も、音漏れ防止には効果的です。配管は、壁の中を通るかパイプシャフトと呼ばれる配管スペースを通るのが一般的です。そのため、配管スペースを通る場合には、その部分の下地を厚くするなどして遮音性を高めることができます。また、そのスペースに「遮音シート」を使うことで、より防音性能が高まります。

の騒音を遮断する防音対策

住宅の防音対策の一つに、屋外の音を遮断する防音対策があります。防音とは、騒音などの屋外の音が室内に入ってくるのを防ぐことを指します。簡易的な対策としては、防音性能のあるカーテンやマットを使用するという方法があります。
防音カーテンには室内外からの遮音効果があり、遮音マットは階下への音漏れを防いでくれます。 さらにしっかりとした防音対策を行いたい場合、建設時やリフォーム時に外壁や内装を防音用にするという方法もあります。この場合、アルミやグラスウールなどの防音性能の高い素材を使い、外壁や内装の防音性を高めます。

外からの騒音対策のために検討すべきこと

吸音材-外壁や屋根には防音塗料を使用する
外壁や屋根には防音塗料を使用する

外壁や屋根に防音塗料を使用することで、騒音対策になります。防音塗料には、セラミックの効果で音を反射し、吸収するものがあります。塗装した場所には、セラミックビーズが隙間なく並び、 このセラミックビーズの凹凸で、表面積が大きくなることで音の反射が高まるというわけです。

窓の大きさや位置、サッシの種類

窓の大きさや位置、サッシの種類を変えることで騒音対策につながります。一般的に、窓が大きい方が外部の音が入ってきやすいです。そのため、窓の大きさを小さくすることで防音効果が高まります
窓の位置に関しては、なるべく隣家の窓から離した方が防音対策になります。なぜなら、距離が離れるほど音の伝搬は低くなり、その結果音が伝わりにくくなるからです。
サッシの種類については、二重サッシにすることで防音対策になります。二重サッシにすることで、気密性が向上し、空気が出入りするすき間が少なくなります。それにより、外から入る音を低減することができます。

換気扇の排気口の位置を確認する

換気扇や設備の排気口は、外部からの音が入ってきやすいです。しかし、建設後の住宅では、排気口の位置変更は構造的に難しくなります。そのため、建設前の段階で、排気口の位置を確認することが防音対策として重要です
もし、既に建築済みの住宅で排気口からの騒音が気になる場合、別途防音対策を行う必要があります。例えば、排気口にノイズフィルターを取り付けることで、防音効果を高めることができます。 他にも、音漏れを低減する防音フードを排気口に設置するなどの対策もあります。

家を建てる際に気を付けること

1.道路や近隣住宅とはなるべく離れた位置に住宅を配置する

防音対策として、道路や近隣住宅からなるべく離れた位置に住宅を建てる、というのも一つです。 当然、自宅近くに道路があれば、騒音問題が発生する可能性は高くなり、交通事故の二次災害に巻き込まれてしまう危険性も高まります。また、近隣住宅が近いと、内外部からの生活音が伝わりやすくなります。
そもそも、自宅が道路や近隣住宅から離れていれば、わざわざ防音対策を講じる必要がなくなります。そうすれば、防音対策にかかる費用を節約することができます。

2.防音対策は効果的な場所にのみ施すことでコストを抑えられる

本格的な防音対策を講じようとすれば、50万円以上の費用がかかるといわれています。しかし、予算の都合上、ありとあらゆる場所に防音対策をすることは難しいです。そのため、防音に効果のある場所に限定して対策をすることで、コストを抑えることができます。
例えば、部屋にピアノを設置する場合、部屋全体を防音化するのでは多くの費用がかかってしまいます。しかし、ピアノの音が伝わりやすい部分にのみ防音対策を行うことで、防音性をそこまで落とさずに安い費用で防音対策を行えます。他にも、上階の住人の足音は気にならないけど、隣人の話し声が気になる場合、壁にのみ防音対策を施すことで問題が解決します。
このように、防音対策を考えるうえで重要なことは、どのような音を防音したいのかです。それにより最適な防音方法が変わり、それに伴う費用も変わってきます。そのため、防音したい音の種類を決め、それに合った防音対策を講じることで、費用を安く抑えることができます。

複雑な工事をしなくても効果できる防音商品をすすめ

NO.1 AutoGO吸音板

素材:ポリエステル繊維製

作用:高吸音、高防音、断熱性 、防炎性あり優れた不燃材

使い方:専用両面粘着テープで貼り、または虫ピンで固定

適用範囲:DIY 吸音室、マンション・お家・会社・オフィス・学校・ホテル・レストラン・飲食店など

特徴:安全性・環境性・断熱性・耐熱性・吸音性・透水性など多く面で大変優れております。色が多いで家を飾りことも可

詳しい情報/注文する>>

NO.2 AutoGO防音スポンジ

素材:ウレタンスポンジ

作用:高吸音、高防音、断熱性、 吸音性、高緩衝 、防炎性、強度耐摩擦性 あり優れた不燃材

使い方:軽いので、接着剤・コーキング材・両面テープ・釘・虫ピンなどで簡単に取付可能です。

適用範囲:家賃、マンション・お家・会社・オフィス・学校・ホテル・レストラン・飲食店など

特徴:断熱性の目安となる熱抵抗値が高い為、形状安定性に優れており、温度変化による伸縮も見られず、断熱材として長期間性能を維持する耐久性を兼ね備えております。

詳しい情報/注文する>>

2021年に新発売

大がかりな防音工事を必要としない、壁面等に簡単に取り付け可能にし、多用途に使用出来る吸/防音材です。

吸音性に優れ、マンション・お家での使用はもちろん、会社・オフィス、学校、ホテル、レストランなどの飲食店でも、様々なシーンで活用できます。

おすすめ 吸/防音材 の加工や取付方法
◇カットの方法

普段ご使用のカッターナイフやハサミなどで、簡単に切る事が出来ます。

◇取付の方法

軽いので、接着剤・コーキング材・両面テープ・釘・虫ピンなどで簡単に取付可能です!

おまとめ

日常生活に溢れているノイズは、ときに耳障りでイライラすることもありますよね。 吸/防音材 があれば、そんなノイズを吸収します、そして、自分がお気に入りの音楽を好きなように再生して歌うこともできます 。商品の特性によって適用な 吸/防音材 を選んてみましょう。

防音に関して商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

送料無料

送料無料

高品質 高防音

高品質:防炎、断熱

交換 返品

交換 返品可

安心 安全

安心安全の取り組み

線上LINE客服